玄米で足りない栄養分を補給しよう【非常に栄養価が高い】

お米のチカラ

和食

美容や健康の味方になる

玄米とは胚芽や表皮が残っている状態のお米である。私たちが普段食べている白米より栄養価が高く、ビタミン、ミネラルも豊富である。貯蔵性にも優れているが、消化しにくいという難点もある。白米と大きな違いは、食物繊維の多さである。白米の5倍であり、現代人は1日5グラムほど不足しているが、これを1日3食変えると食物繊維の不足を補うことができる。またビタミンE、ビタミンB群、マグネシウムなど美容、健康に必要な栄養素が補える。さらに糖の吸収も穏やかである。玄米は生成する前のお米のため、農薬が残留している場合があると言わている。主にぬかの部分にみられ、心配であれば有機栽培のものを選ぶ人もいるようだ。玄米の食べ方としては、炊飯する前に水につけておくことが大切だ。アブシジン酸という毒性の物質が含まれているため、半日ほど水につけておくとよい。初心者には玄米だけで食べるのは、白米と違い、硬めでパサパサして食べづらいので、白米と混ぜて食べると食べやすくなる。玄米だけで炊く場合は水を多めに入れて炊くようにする。電気炊飯器よりも圧力釜で炊いたほうが美味しく食べられるようだ。カロリーはそれほど高くなく、噛みごたえがあるため、噛む回数が増え、満腹感も得やすいのでダイエットにも最適である。気軽に取り入れたい方は、玄米フレークやビスケットなど加工食品も多く出ているので試してみるとよいだろう。健康にも美容にもよい玄米をぜひ取り入れてみよう。

Copyright© 2018 玄米で足りない栄養分を補給しよう【非常に栄養価が高い】 All Rights Reserved.